リアルな画造り
スチル撮影のフィードバックによる現実的な画造り。
豊富な経験
20年以上にわたる技術と情報の蓄積。
最新の技術
バーチャルリアリティーや拡張現実に対応。

建築・CGパース、プロダクトCG・製品ビジュアルの制作

高品質なCG・ビジュアルイメージをご提供します
私たちミライハイマは3DCG・撮影・レタッチ・ペインティングその他あらゆる手法を用いる事で高品質なビジュアル制作を目指しています。
強力な物理レンダリングエンジンやカラーマネジメント環境、高性能な撮影機器などのハードウエアの使用に加え、
あらゆる表現手法の経験と実績をもとに高品質なビジュアル制作で最適なソリューションをご提供致します。

建築CGパース
建築CGパース

外観・内観建築CGパースを制作致します。鳥観など広範囲なCGパース制作も対応。広告用イメージやプレゼン用イメージの制作にも柔軟に対応。

撮影
撮影

スチル撮影、物撮りや風景、人物撮影に対応。高画像デジタルスチルカメラで高品質な撮影を行います。      

リアリステックなCG映像を制作。

撮影・ライティングの豊富な経験

力強力なCPU,GPUでレンダリングを実行。

強力な演算能力

トレンドに敏感に。

VR,ARなど最新技術に対応

カラーマネジメントされた環境で制作。

正確な色の管理

Contact Us.

ご依頼・サービス内容等についてご不明な点がございましたら お気軽にお問い合わせください。

最新のCG・ビジュアライゼーションに関する記事。

Our Latest News

SONY 20mm Gレンズ FE 20mm F1.8 G SEL20F18G を導入

SEL20F18G を購入しました。
ソニーの20mm単焦点F1.8のレンズ。

軽量・コンパクト設計、つけっぱなしレンズにも出来るソニーの「G」レンズ

非常にコンパクトな20mmのレンズ。重量373g、長さが85mm、フィルター経は67mm。
早速開封!

絞りリングを搭載し直感的にF値を変えられる。またデクリック機能を備え動画撮影においてスムーズなF値の変更が行える。

Read More

NVIDIA RTX A5000, A4000 とNVIDIA GeForce RTX 3080 Ti vs 3090、どちらを選ぶか?各GPUカード比較。

最近(2021年6月30日現在)、グラボの高騰でNVIDIA Quadroの後継 NVIDIA RTX AシリーズとNVIDIA GeForce RTX30シリーズの価格が近似している。ここ最近のグラボをV-rayでの使用を考慮しつつ比較してみた。

NVIDIA RTX Aシリーズと、NVIDIA GeForce RTX30の比較。

GPU名CUDAコア数VRAM容量消費電力V-Ray ベンチ(RXT平均)市場価格
NVIDIA RTX A40006,144基16GB ECC140W1,378約14万円
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti6,144基8GB290W1,615約13万円
NVIDIA RTX A50008,192基24GB ECC230W2,030 約28万円
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti10,240基12GB350W2,467約22万円

NVIDIA RTX 3080 Ti、3070 Tiのコスパが良いのだがVRAMの容量と長時間フルロード時の安定動作、更には保証期間が1年間といのが気になるところだろう。テストレンダリングなどで応答性を考えればNVIDIA RTX 3080 Tiが良さそうだが、最終レンダリングで長時間の計算を行うと考えればNVIDIA RTX A5000の方が安心できそうだ。

Read More

V-Ray で NVIDIA RTX 3080Ti TUF-RTX3080TI-O12G-GAMING 使用レビュー V-rayでGPU レンダリング・ベンチマーク

ASUSのNVIDIA RTX 3080Ti搭載ビデオカードを購入し使用してみました。

2021年6月 ― マイニングの再ブームによりグラフィックスカードの価格が高騰。2020年末頃RTX 3080が10万円で購入可能だったのが嘘のような値上がりぶりだ。
2021年6月現在でRTX 3080の最安値の品物は18万円、6月末現在の在庫数は9品有る(価格.com調べ)が数週間前まで在庫すら無かった状態だったのを考えると価格高騰は維持しているが金銭でなんとかなる状態ではある。

長さ、幅、重さにはインパクトが有る。
バックプレートの厚みもある。

ここ数週間グラボの値動きや在庫状況を頻繁に確認していたがNVIDIA RTX 3080Tiの発売と争奪戦があったがやはり高価だ。RTX 3070Tiも次に発売したがRTX 3070に近似した価格だったので値ごろ感はあった。
前世代の性能から比較すればどれもお買い得のRTX 30シリーズではあるものの発売当初の価格を見てしまうと、趣味のゲーム用途では購入したくはないだろう。

今回、導入したのはTUF-RTX3080TI-O12G-GAMING ASUSのグラボだ。

Read More