Bowers & Wilkins 802D 購入!

B&W 802Dを真面目に聴いて・・・購入!

Bowers & Wilkins 802D を真面目に聴いてみた。

ドライブがてら宇都宮の某オーディオ専門店まで足を伸ばしBowers & Wilkins 802Dの試聴をお願いした。
「何でそんないきなり高級なスピーカー」?
友人がFOSTEX G2000購入に影響されはるばる宇都宮まで試聴に来たのだ。

B&W 802Dを試聴室で真面目に聴いたのは初めてで展示会などで軽く聴いたことはあった。
今回はプリアンプにMark Levinson No320S、パワーアンプが新型のMark Levinson No532とPassラボラトリーズのX250.5。CDプレーヤーも新型のMark Levinson No512という構成で試聴。

最初、No532でピアノを聴かせてもらった時には少し寝ぼけてる感じだ、パワーアンプの電源が落ちていたせいで暖まっていないのだろう・・・。ボーカル物の楽曲になると空間の表現力が豊かな事に気づく。
解像感も高く日頃からいかに自分が潰れた音を聴いてるかを理解した。一方パワーアンプをX250.5に変えてもらい改めて聴いてみると元気の良い音と感じる。
X250.5も電源は落ちていたのだが寝起きがいいのか、電源投入直後から元気がいい。
しかしX250.5はA級アンプでないにも関わらずアイドル時でも発熱が凄まじい。
No532(280万円)とX250.5(90万円)ではだいぶ価格差はあるがX250.5でもスピーカーをドライブ出来ていたように感じる。

販売価格はペア100万円を少し超える感じのプライス。オーディオ機器ごと家から追い出されるかもしれない。パワーアンプの入れ替えなども考えるとさらに悩む。

一番のネックが大きさだ。8畳に置けないことは無いが部屋の家具を色々撤去しないとダメそうだ。搬入やセッティングにはキャスターが付いていているので容易ではある(このキャクターが後に音質に影響することに・・・)

悩む・・・。

B&W 802Dを注文。

1ヶ月程考えて抜いてB&W 802Dを注文した。自分の機器の中で最高値の○○○万円!(ペアの値段。希望小売価格は160万年(税抜)。また円高還元キャンペーン中でお値打ち価格でご注文となった。
802Dと一緒に注文したaudioquestのスピーカーケーブル「Rockefeller 72V DBS (3m)」も注文。
スピーカーの納期は1ヶ月以上かかるらしい。それまで部屋の改造!

祝!B&W 802D 納品。

B&W 802Dが納品される!

納品当日、ショップの方が802Dと共にやって来た。慣れた手付きでサクサクと設置してくれました(先日TADのR1を納品したらしく802Dなんて朝飯前だそうで・・・)。
「箱に収まってる時は割りと小さいなぁ」と感じたが・・・いざ開梱してみると流石に大きい。

で、接続・・・音出し・・・、

音を出して24時間も経ってない状況で潜在能力的な部分はさておきボーカル系が楽しく聴ける。
試聴でもそうですがやっぱりピアノは丸い印象が伺える。
それとアンプのボリュームは結構開けないと何か納得できない音という感じでスピーカーが駆動力を要求してくる。
パワーアンプのヒートシンクがいまだかつて無い程に熱い・・・。
鳴らし始めなので「まだまだこれから」という感じだろう。

Read More