EIZO ColorEdge CG279X を導入

EIZO ColorEdge CG279X を導入

EIZO 27型カラーマネージメント液晶モニターを導入

モデル:ColorEdge CG279X

ColorEdge CG279X(以下、CG279X)はCG277の後継機種で、映像制作やプロフェッショナルフォト、プリプレスなど、ワークフローを通じて厳密な色管理が求められる法人のクリエイティブワークを対象とした27型プロフェッショナルモデルです。

 映像制作市場向けの新機能として、映像制作用のHDR表示に対応。映画や放送の国際規格に準じる専用カラーモードも標準搭載することで、幅広いコンテンツの編集・プレビュー確認が容易に行えます。

 その他の進化ポイントとして、測定精度を向上させた新型内蔵キャリブレーションセンサー※2を搭載し、経過時間による表示のずれを高い精度で補正します。さらに、AI(人工知能)を活用した表示安定化機能により、正確な表示を維持します。加えて、CG279XはColorEdgeシリーズとして初めてUSB Type-C端子を搭載。USB Type-C対応のPCと接続する場合、ケーブル1本で映像、USB信号を伝送できるようになりました。

 さらに、筐体デザインを刷新することで大幅なスリム化と軽量化を実現しました。具体的には、従来機種に比べて下部ベゼル幅は約46%スリム化し、重さは約19%軽量化しています。また、可動域の広い新スタンドを採用し、ユーザーの使いやすさを一層向上させました。

 ソフトウェア面では、今回同時にリリースした専用カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応し、用途に合わせて適切な目標値に手間なく正確にキャリブレーションできます。
(公式HPより一部抜粋)

複数のEIZO Color Edgeを採用しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。